片付けブログ|汚部屋BOX

片付け(断捨離)情報ブログ

思い出のアイテムを断捨離して、汚部屋脱却へ

スポンサーリンク

昔の思い出というのはとても大切だというのはすごく分かります。しかし、大切だといってすべて取っておいてしまいと部屋のスペースがなくなってしまい次第に汚くなっていきます。そのため、思い出だからと言ってすべてのものを取っておくのはナンセンスだと思います。


よく取っておいてしまうのが学生時代の思い出のもので、中には教科書など明らかに使わないものまで取っておいてしまっています。また、学生服や体育着なども明らかに着る事はないので必要ありません。そういったものは思い出でも処分してしまった方がいいと思います。


学生時代の思い出は卒業アルバムや友人との記念写真ぐらいを残しておけば十分です。後は処分してしまって部屋をスッキリさせてしまう方がいいでしょう。


部屋が汚い人の特徴はいつまでも思い出に浸っている人が多いです。確かに思い出も大事なのですが、いつまでも過去を振り返らないで前を見る事も大切です。そういう気持ちが芽生えてくると断捨離する事が出来て部屋がキレイになると思います。

広告を非表示にする