片付けブログ|汚部屋BOX

片付け(断捨離)情報ブログ

【片付け】汚部屋になりやすい3つのポイント

スポンサーリンク

汚部屋になりやすい特徴を3つほど用意しました。もしかしたら、いくつか当てはまるかもしれません。当てはまった方は改善することや意識することにより、汚部屋回避することができると思います。気になる方はチェックしてみてください。

部屋の中での自分のお気に入りの場所の近くは要注意

自分の好きな場所やお気に入りの場所、よくいる場所の近くに便利なものをたくさん集まっていませんか? たとえば、テレビのリモコンやスマホなど。最初は良いのですが、後々はスマホの充電器や延長コード、イヤホンなどが集まってきてしまう可能性があります。少ない移動の距離でいろいろなことができるお部屋になってしまうと、便利な反面に汚部屋になってしまいます。このような場合は、あえて物を遠ざけるというのも作戦の1つです。

収納力抜群な家具の置きすぎは要注意

収納力が高い家具は非常に便利ですが、きちんと整理できないといらないものを追いやる場所となってしまいます。いらないものを追いやる生活の方はさらに収納力の高い家具を買ってしまい、どんどんといらないものを追いやるということもあります。収納力の高い家具を買う前に一度断捨離をしてみると良いでしょう。

生活の高さを変えるべく、イスとテーブルを利用する

床に物を置かないよう、生活の高さを変えてみましょう。たとえば、イスとテーブルを設置し、収納の高さも上げて全体的に高い位置で生活するようにします。床には物を置かないイメージ(外のように)。このようにすると、最低限は床には物が散らからないようになります。

まとめ

お部屋の間取りやサイズによってはなかなか難しい面もありますが、考え方1つで汚部屋を回避することは可能です。アレンジをして考え方の参考にしていただけると幸いです。

広告を非表示にする